スーパーフードとは?定義や基準は??

スーパーフードって、最近よく聞くけど、実際のところ詳しく知らないことがほとんどです。

ただなんとなく、「栄養価が高くて、いろんな効能があって健康にいい!」

そんなふわっとしたイメージを持っている人が多いのではないでしょうか??

しかし、スーパーフードにはとそう言われるだけの定義や基準がちゃんと存在するのです。
そこで、今回はそんなスーパーフードについて詳しく見ていきたいと思います。

スーパーフードとは?定義や基準は??

スーパーフードのはじまり…

スーパーフードは1980年代頃のアメリカやカナダからはじまりました。
食事療法を研究する医師や専門家の間で、有効成分を突出して多く含む食品に対して「スーパーフード」という言葉が使われはじめたことが、スーパーフードの始まりです。

それからしばらくして、アメリカでは2000年頃からロー・リビングフードといった低温調理法がブームになるのですが、この調理法がスーパーフードの含有成分を活かすために最適であったことから、ロー・リビングフード実践者たちの間でスーパーフードが人気となったのです。

さらにスーパーフードが一般的に広まったのは、アメリカの医師スティーブン・プラットの著書『スーパーフード処方箋〜あなたの人生を変える14の食品』(2004年)がヒットした影響が大きいと言われています。
この本ではスーパーフードを「健康によい栄養分を豊富に含みながら、多くは低カロリーである食品」と定義し、抗酸化作用が高いもの、老化や生活習慣病の予防によいもの、がんの予防にも効果があるとして紹介しているのです。

さらにアメリカでスーパーフードのバイブル的な著書の影響も強く受けています。
それは、ロー・リビングフードのカリスマ、デイヴィッド・ウォルフの『スーパーフード』(2009年)です。

この中では一般的な野菜というよりもスピルリナやカカオ、ココナッツ、クコの実などいわゆる「健康食品」といえるようなものを取り上げています。
単に栄養面ですぐれているというだけでなく、ある特定の有効成分の含有量が飛び抜けて高いもの、ごく少量で栄養・健康成分を効率的にとれるものこそ「スーパーフード」であると述べているのです。

このようにスーパーフードとは、はっきりと特定の食品を定義したものではなく「一般の食品よりビタミン、ミネラル、クロロフィル、アミノ酸といった必須栄養素や健康成分を多く含む、おもに植物由来の食品」という大前提のもと、提唱者によって異なる食品があげられています。

スーパーフードの定義

前途した通り、スーパーフードとははっきりとした特定の食品を定義したものではありません。
栄養素を多く含み、ある特定の有効成分の含有量が高いなどの基準を満たしたものをスーパーフードと呼んでいるのです。

しかし、一般社団法人 日本スーパーフード協会ではそれらを踏まえて、スーパーフードの定義を示していますので、ご紹介しておきます。

  • 栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。
    あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。
  • 一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。

スーパーフードの基準

ただ栄養価が高いだけではスーパーフードと言えません。

以下の基準を満たしている必要があります。

  • スーパーフードの発祥の地アメリカ・カナダで、一般的に「スーパーフード」として認知・評価されている食品であること。
  • 「食歴」が長く、何世紀にもわたって人々の健康に寄与してきた食品であり、安全性が確認されているもの。

日本で特に推奨されているスーパーフードとは?

スーパーフードの発祥の地であるアメリカ・カナダで、スーパーフードを代表するものとして認知されているもの中で、日本で特に推奨されているスーパーフードがあります。
それは以下の10種です。

日本で推奨されているスーパーフード
 

スピルリナ
マカ
クコの実(ゴジベリー)
カカオ
チアシード
ココナッツ
アサイー
カムカム
ブロッコリースーパースプラウト
麻の実(ヘンプ)

  • なじみがあるものもあれば、聞きなれないものもありますね。
    最近では、比較的てにはいりやすくなっているものも多くあるので、ぜひ探してみてください♪

まとめ

ここではスーパーフードとはいったいどんなものなのか、ご紹介してきました。
最後に簡単にまとめますので、おさらいしてみてください!

スーパーフードは1980年代頃のアメリカやカナダからはじまりまった。
スーパーフードとははっきりとした特定の食品を定義したものではない。
栄養素を多く含み、ある特定の有効成分の含有量が高いなどの基準を満たしたものを一般にスーパーフードと呼んでいる。
 【日本で特に推奨されているスーパーフード10種】
 スピルリナ、マカ、クコの実(ゴジベリー)、
 カカオ、チアシード、ココナッツ、アサイー
 カムカム、ブロッコリースーパースプラウト、麻の実(ヘンプ)
なんとなく、わかっていただけたでしょうか?
ここで上げたスーパーフード以外にも、注目されているものがたくさんありますので、またご紹介してきますね(*^^*)