スーパーフード大好き主婦が教える!ブロッコリースプラウトのスゴすぎる栄養とは…?

健康志向の海外セレブから広まったスーパーフードも今やだいぶ身近なものになってきましたよね。

スーパーなどで簡単に手に入るものも増えてきたので、試してみやすくなりました。

そんな数あるスーパーフードの中から、ここでご紹介したいのはこれ!

ブロッコリースプラウトです。

はい。ブロッコリーじゃなくて、ブロッコリースプラウトです。
スプラウトとは「新芽」のことです。

つまり、ブロッコリーの新芽のこと。
あのブロッコリーの大きさになる前の新芽がブロッコリースプラウトなのです。

そしてその栄養価が半端ない!!!

前置きはこの辺にして、さっそく詳しく見ていきましょう(^^)/

【スーパーフード】ブロッコリースプラウトのスゴすぎる栄養とは…

ブロッコリースプラウトとは??

「スプラウト」とは、英語で「新芽」のことを意味しています。
つまりブロッコリースプラウトは、文字通り、発芽して間もないブロッコリーの新芽のことなのです。

見た目はかいわれみたいな感じですよね。

欧米をはじめ世界各地で古くから栽培されていますが、近年その栄養価の高さから「スーパーフード」と言われるようになりました。

ブロッコリースプラウトの栄養とは??

ブロッコリースプラウトは、基本的にブロッコリーに含まれている栄養素と同じ栄養素が含まれています。

ブロッコリー、ブロッコリースプラウトに含まれる栄養素
  • たんぱく質
  • 糖質
  • 脂質
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 食物繊維
  • 酵素
  • スルフォラファン

栄養素は同じですが、ブロッコリーとブロッコリースプラウトとの大きな違いは、その含有量です。

特にスルフォラファンに関してはブロッコリーの約7倍もの含有量をがあると言われています。

この「スルフォラファン」というあまりなじみのない栄養素こそ、今注目を浴びている栄養素なのです!

「スルフォラファン」の含有量が多いことが、ブロッコリースプラウトがスーパーフードを言われる理由になっているのです。

では「スルフォラファン」について次に詳しく見ていきましょう!

スルフォラファンとは?

「スルフォラファン」とは、フィトケミカルの一種で、体内の解毒酵素や抗酸化酵素の生成を促進し、体の抗酸化力や解毒力を高める作用があります。

スルフォラファンはアブラナ科野菜の中に含まれており、中でもブロッコリーに含まれていることが分かっていましたが、がん予防に効果があるとアメリカのがん研究者が発見したことにより、スルフォラファンを高濃度化に取り組み、ブロッコリーの品種を選抜し、特定品種の発芽3日目のスプラウトの状態が最適だと結論づけたのです。

ブロッコリースプラウトのスルフォラファン含有量はブロッコリーの約7倍~品種によっては20倍のものもあるんだとか!

「スルフォラファン」

今後も注目されていくと思いますので、覚えておくと良いでしょう(*^^*)

スルフォラファンの凄すぎる効果

①解毒作用(がん予防)

人の体には、体内に取り込まれた発癌物質を無毒化し、体外に排出する解毒酵素が存在します。
スルフォラファンにその解毒酵素の生成を活性化する働きがあること言われています。

②抗酸化作用

スルフォラファンの抗酸化作用は、ビタミンCやビタミンEといった代表的な抗酸化物質とは異なり、長時間作用し続けるという特徴を持っているのです。
ビタミンCが摂取後数時間でその効果を失うのに対し、スルフォラファンの効果は約3日間も持続することができるんだとか。
これは、スルフォラファンの抗酸化作用が抗酸化酵素によるものであり、スルフォラファンがこの抗酸化酵素の生成を促す働きをしているからなのです。

③肝機能

スルフォラファンが体内に潜在的に存在する解毒酵素を活性化することで、肝臓の解毒力を高め(解毒作用)、その結果、肝機能の向上(肝障害抑制など)に寄与するという研究結果もでているのです。

④新陳代謝

スルフォラファンは体内に摂り込まれると、抗酸化酵素の生成を促進します。
これによって、抗酸化物質であるグルタチオンを抗酸化物質としてそのまま損失することなくDNA合成の材料として使うことができるのです。
また、スルフォラファンにはグルタチオンの生成を促す作用もあり、その結果、細胞分裂が活性化され、新陳代謝を上げることができるというわけなのです。

⑤ピロリ菌

スルフォラファンには胃癌の原因の一つといわれているピロリ菌の殺菌効果が報告されている。
「胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍の患者から摂取した48株のピロリ菌全てに対して、スルフォラファンは制菌・殺菌効果をあらわした」という研究結果も発表されています。
抗生物質の耐性を持った菌株でも殺菌効果がみられたり、スルフォラファンを多く含む発芽3日目のブロッコリースプラウトを2ヶ月食べ続けたピロリ菌感染者で菌の減少が確認されたという臨床試験の結果も報告されているのです。

⑥その他

スルフォラファンには皮膚や眼への紫外線によるダメージを防御する効果や、肝癌・高血圧・心臓病の予防効果なども報告されているのです。

まとめ

ここではスーパーフードとして注目が高まっているブロッコリースプラウトについて詳しく見ていきましたね。

なかでもブロッコリースプラウトに含まれる「スルフォラファン」という栄養素の力がすごい!ということをご紹介してきました。

最後に簡単にまとめておきますので、ぜひおさらいしてみてください(*^^*)

ブロッコリースプラウトとは・・・?     「ブロッコリーの新芽」のこと。
ブロッコリースプラウトの含まれる栄養素の中で、その含有量からもっとも注目されているのが「スルフォラファン」。
スルフォラファンの効果
  1. 解毒作用(がん予防)

  2. 抗酸化作用

  3. 肝機能改善

  4. 新陳代謝を上げる

  5. ピロリ菌の殺菌効果

  6. その他 皮膚や眼への紫外線によるダメージを防御したり、肝癌・高血圧・心臓病の予防効果など

もう、ここまで知ったらブロッコリースプラウト、食べるしかないですよね(笑)

スーパーなどで見つけた際には、ぜひ買って試してみてくださいね♪